2017年9月の仮想通貨・ビットコインの暴落による各銘柄の下落率を次回の為に知っておこう

2017年9月の頭に中国での取引停止等により
仮想通貨・ビットコインに大幅な下落が発生しました。

現在は上昇傾向にありますが今後もこの様な
下落がいつ起きてもおかしくありません。

しかし下落幅を知っていれば買戻しなども
出来るチャンスになるかも知れませんので
次回の為にも確認しておきましょう。

-----sponsored link-----

まずは各銘柄のチャート

まず最初に下落した期間のチャートになります。
銘柄により桁が異なる為、桁に合わせてあります。
*ドル表示になります。

軒並み下落していますが銘柄によって
下落率が大きく異なるのが見て取れます。

この期間が9/1〜9/14の14日間下落が続きました。
*その後は徐々に回復傾向

こちらも参考にしてみてください。
仮想通貨ビットコイン大暴落 どこまで下がるのか?過去最大の下げ幅更新へ

各銘柄の下落率表

次に先ほどのチャートを数値化した表です。

銘柄 最高値 最安値 下落率
ビットコイン 4892.01 3154.95 -35.5%
Ethereum 387.74 213.91 -44.8%
Ripple 0.248479 0.164167 -33.9%
Bitcoin Cash 622.17 367.04 -41.0%
Litecoin 86.04 41.58 -51.7%
DASH 393.35 236.24 -39.9%
NEM 0.33231 0.164254 -50.6%
Monero 141.2 83.04 -41.2%
EthereumClassic 21.94 9.13 -58.4%
Zcash 305.11 158.88 -47.9%
LISK 7.41 4.36 -41.2%

ビットコインとRippleは下落率が他の銘柄に比べ少なく
Litecoin・NEM・EthereumClassicに関しては
50%を超える下落率です。

下落率が大きい分、上がりも早い・・・。
と思うかも知れませんがこちらをご覧下さい。

上がり幅は大きいように見えますが
高値から見ると上昇率は大して
高く無いことが見て分かります。
*9/28時点のデータ

銘柄 最高値 最安値 現在 最安値から 最高値から
ビットコイン 4892.01 3154.95 4203.24 33.2% -14.1%
Litecoin 86.04 41.58 55.06 32.4% -36.0%
NEM 0.33231 0.164254 0.23966 45.9% -27.9%
EthereumClassic 21.94 9.13 12.75 39.6% -41.9%
    -----sponsored link-----

一旦手放すのも有り

冒頭でも触れましたが大幅下落時には
一旦手放して再度買い戻すのも検討の余地があります。

しかし以前の記事でもご紹介した通り売買に
かかる手数料を加味すると手放すに手放せない
状況に陥る可能性があります。
*海外サイト使用を除く

その点ビットコインに関しては手数料も安く
再度購入した場合にも安く済みます。

この点からもコインチェックを利用する場合で
長期運用をするならビットコインを
扱う方がいざという時にも安全です。

まとめ

下落時は買い増し・買い戻しのチャンスでもありますが
買い時を誤るとまた売ってしまうという事もあるので
しっかりと見極めて購入するように心掛けましょう。


応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)