ビットコイン 仮想通貨の売買に適した時間帯・曜日はいつ?

仮想通貨の取引は全世界で行われています。
しかし時差の関係等があり毎日
同じ取引量ではありません。

取引量が多ければ多いほど上下幅は大きくなり
逆に少なければ上下幅が小さくなります。

ロングテールの場合にはあまり関係無いですが
デイトレードなどでは必要になると思います。

-----sponsored link-----

曜日別取引量

過去1300日相当のデータを使い
各曜日の取引量を確認してみます。

まず最初に各曜日でチャートを表示してみました。

少し見にくいですがそこそこの差がありそうです。

次に先ほどのデータを平均にした場合がこちらです。

見てわかる通り土日は他の曜日に比べてもかなり少ないです。
その為、比較的上下幅が安定した相場になりやすいと言えます。

そして火曜は特に取引量が多くこれはアメリカの
影響によるものと思われます。

金曜に下落した状態で土日を迎えた場合には
その土日で価格が復活するのは
厳しいとも言えるかも知れません。

時間帯別取引量

これはとある日の取引量です。

その時が暴騰か暴落かによって
若干変化はすると思います。

大体20時ぐらいから活発になり
1時ぐらいに落ち着きます。

その後2時〜3時に掛けて活発になります。

お昼は殆ど値動きが起きにくいぐらい
取引量が少ないのが分かると思います。

これも海外との時差の関係から生まれるものです

まとめ

ある程度売買の時間なども気にしながら
行うとより安定した取引が行えると思います。

お昼などはあまり適していないかも知れません。


応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)