9/15仮想通貨ビットコイン大暴落 どこまで下がるのか?過去最大の下げ幅更新へ

2017年9月2日からビットコインの暴落が起きています。
その騒動の発端となったのが中国政府による発表
実は過去にも同様の発表が行われ、その際にも
かなりの下げ幅を記録しています。

果たして今回はどこまで下がってしまうのか・・・。

-----sponsored link-----

2013年の大暴落

まだ日本ではあまり知名度が無かった仮想通貨
中国などでは盛んに取引が行われており
連日高値更新をしていました。

しかし12/5 中国政府が取引の一切を
禁止することを発表し、その直後から価格の暴落がおきました。

その時のデータがこちらになります。
*数値はドル建て

終値最大が1151.17ドル
終値最小が522.7ドル

その下げ幅はなんと

54.6%

期間としては約12日でした。

価格 前日比
955.85 100.0
1043.33 109.2
1078.28 103.3
1151.17 106.8
1045.11 90.8
829.45 79.4
698.23 84.2
795.87 114.0
893.19 112.2
988.51 110.7
878.48 88.9
873.26 99.4
892.58 102.2
872.6 97.8
876.12 100.4
705.97 80.6
682.12 96.6
522.7 76.6
691.96 132.4
625.32 90.4
605.66 96.9
617.18 101.9
673.41 109.1
665.58 98.8
682.21 102.5
761.98 111.7

今回の暴落幅

では今回の暴落はどうなのか?

9/2から9/15日現在の価格推移です。
*14日は抜いています。

終値最大が4892.01ドル
終値最小が3340.11ドル

その下げ幅はなんと

31.7%

これは悪いニュースとしては
自分の調べで2位の下げ幅になります。
*ビットコイン分裂等は除く。

    -----sponsored link-----

今後どこまで価値が下がるのか

仮に過去最大の幅である54.6%の
下落、とした場合には2671ドルで
9/15時点の円換算とした場合には

293810円

つまり30万円程度までの下落になります。

9/15朝の時点でのチェートがコチラ

取引量第2位のアメリカと日本では
時差が16時間ある為(日本が16時間進んでいる)
起床したであろう時間からの下落が分かります

まとめ

ビットコイン自体は取引手数料も安いため
酷い暴落時には一旦売ってしまうのも有りです。
(約0.5〜0.65%なので1.2%の下落と同様)

現在は連日悪いニュースばかりで各銘柄の
プラスのニュースでもマイナスになってしまう
悪い状況が続いています。

余裕のある資金での取引を心掛けましょう。


応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

One comment to this article

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)